当ブログのオススメ記事はこちら!

逃げ若大好き男による「逃げ上手の若君」第30話の感想・考察【ネタバレ注意】

「逃げ上手の若君」全話感想・考察

この記事は、ジャンプ漫画「逃げ上手の若君」第30話の個人的感想と考察です

※ネタバレは注意!

「逃げ若」は好きな作品なので、1話から毎週リアルタイムで書き続けています↓

前回(第29話)のレビューはこちら

それでは、今週もいってみましょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク

デブ無双が始まっちまう!「逃げ上手の若君」第30話の感想・考察【ネタバレあり】

第30話では、弧次郎が和田米丸(国司軍の副将)に騎馬戦で勝利しました!

まず最初に、面白いっ

頭からオチまで一貫して面白さを維持した話でした

序盤は、騎馬の重要性を示しながら、和田の強さを見せられました(デブ無双?)

のぐちーの
のぐちーの

こんなの勝てねーじゃん

と思ったら、まさかの引きずり下ろし

これは予想できた人はほぼいないじゃないでしょうか

決まり手が特殊すぎます

シュールな豚の解説絵がありつつ、弧次郎が脳天をスパッと切って撃破しました!

こんなガッツリ「殺し絵」を描くのは流石「逃げ上手の若君」だなと感じましたね

ここで大切だと思ったのは、

その首とその威勢貰い受ける!

という一言

受け継いだ威勢が次の戦いで活きてきそうですよね!

そんでもって、最後のシーンですよ

耳の良い市河だからこそ聞こえる「バシャバシャ」という湿原を駆ける馬の音

吹雪さんじゃありませんか!

鬼のようにカッコいいシーンでしたね

これはベスト吹雪オブ・ザ・イヤーではないでしょうか

戦闘力の高い指揮官ほど心強いものはありません

次回は吹雪がスパッと麻呂をいくのか、それとも交渉に持ち込むのか

気になりますね!

北条時行と諏訪頼重の史実を知ればさらに漫画が楽しくなるので、こちらも合わせてご覧ください▼

スポンサーリンク

まとめ:漫画「逃げ上手の若君」第30話の感想・考察レビュー【ネタバレあり】

以上、「逃げ上手の若君」30話の感想でした

弧次郎が和田を撃破し、吹雪がさっそうと湿原を馬で駆ける

戦闘の中にもギャグやネタ解説があり、面白さが一貫した良話でしたね

次回が気になる気になる!

次話はこちら

逃げ若の見どころ3選、逃げ上手の若君を更に楽しみたい方はぜひご覧ください▼

おすすめ電子書籍
U-NEXT

✔映画・アニメ・マンガが楽しめる!
初回登録31日間は無料で解約も簡単
✔業界No.1の見放題動画作品数
✔漫画は最大40%還元!

動画と漫画どっちも楽しみたい方におすすめ

ebookJapan

✔登録無料の電子書籍/コミックの品揃え世界最大級ストア
無料で読める漫画9000冊の「読み放題コーナー」や業界最大のセールも
✔初回ログインの方限定で、6冊まで50%OFFに!
✔漫画を「背表紙表示」で管理できるのはここだけ

「逃げ上手の若君」全話感想・考察
スポンサーリンク
のぐちーのをフォロー
マガ人

コメント

タイトルとURLをコピーしました