当ブログのオススメ記事はこちら!

【ネタバレ注意】松井優征「逃げ上手の若君」2話の感想・考察レビュー

話ごとの感想レビュー

「暗殺教室」「魔人探偵脳噛ネウロ」で有名な松井優征の新連載「逃げ上手の若君」第2話の感想と考察レビューです

※ネタバレは注意!

前回(第1話)のレビューはこちらから

筆者は個人的に好きな作者で楽しく書いていくので、ぜひ最後まで見ていってください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ネタバレあり】松井優征先生の最新作「逃げ上手の若君」第2話の感想・考察レビュー

出典:逃げ上手の若君 2話

2話、ここらへんから漫画の面白さを判断するゾーンに入ってきました

ジャンプ読んでる人はたいてい最初の2〜4何話くらい見て、読み続けるか(面白い漫画かどうか)決めるような気がします

いや〜、五大院宗繁の悪役っぷりがすごかった

普通の顔の人→狂気の悪人になるスピードが早い笑

とんでもないビフォーアフターの顔でしたね

松井優征先生あるあるではありますが笑

悪人がTHE・悪人でわかりやすくて好きです笑

「任される程度には私・・・強いんですよ」

セリフだけ聞いたらかっこうぃぃ〜

まあまあ太めな木を切り落としていたのでびっくり

これがこの漫画の強さの基準なのかと、「程度」という言葉を使っていたのが気になりました

程度っていうところで、この世界でこいつはそんなに強くないことがわかります

太めの木を一瞬で切り倒せるのはそんなに強くない

ってことですよね。

こわっっ、そういう世界観ねと考えてしまいました笑

あと、何回も出てきた「スゴロク」は比喩も刺さりまくりで面白かった!

桃鉄をやる家臣たち、寝起きドッキリや諏訪頼重の気持ち悪さなどなど

全体トータルで見てもやっぱりギャグ漫画色が強いですね

アクション、ヒューマンドラマ、ギャグというジャンルの比率はどうなるのか、方向性を今後も楽しんでいきたいと思います!

「逃げ上手の若君」の北条時行と諏訪頼重の史実はこちらでわかりやすくまとめています

【まとめ】松井優征「逃げ上手の若君」第2話の感想・考察レビュー【ネタバレ】

以上、「逃げ上手の若君」2話の感想でした!

五大院宗繁が悪いやつということが存分にわかって、名言も繰り出していたので面白かったです笑

サイコロはキーアイテムになるんですかね、どうなんでしょう?

これからも楽しみながら読んでいきます、ではまた

次回はこちら

【ネタバレ注意】松井優征「逃げ上手の若君」3話の感想・考察レビュー

松井優征先生の「ネウロ」の面白いポイントはこちらから

ギャグ×謎×バトルのジャンプ漫画「魔人探偵脳噛ネウロ」を読んだ感想【レビュー】

おすすめ電子書籍サービス
U-NEXT

✔映画・アニメ・マンガ・雑誌が楽しめる!
初回登録31日間は無料で解約も簡単
✔業界No.1の見放題動画作品数
✔漫画は最大40%還元!

動画と漫画どっちも楽しみたい方におすすめ

ebookJapan

✔登録無料の国内最大級電子書籍ストア
無料で読める漫画9000冊の「読み放題コーナー」や業界最大のセールも!

漫画だけを読む方におすすめ

話ごとの感想レビュー
スポンサーリンク
のぐちーのをフォロー
マガ人

コメント

タイトルとURLをコピーしました