当ブログのオススメ記事はこちら!

逃げ若おじさんによる「逃げ上手の若君」第27話の感想・考察【ネタバレ注意】

「逃げ上手の若君」全話感想・考察

この記事は、ジャンプ漫画「逃げ上手の若君」第27話の個人的感想と考察レビューです

※ネタバレは注意!

「逃げ若」は好きな作品なので、1話から毎週リアルタイムで書き続けています↓

前回(第26話)のレビューはこちら

それでは、今週もいってみましょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どーやって死のうかなー「逃げ上手の若君」第27話の感想・考察レビュー【ネタバレあり】

27話は、若君の説得では止まらない諏訪神党の保科軍(戦って死のうとしてる)VS国司・守護連合軍の戦いが始まりました

26話からのテンションそのままに、止めることはできなかった感じです

目が点の殺せんせーみたいな穏やか顔の男は今回もぶっ飛んでましたね

若君のショタ的かわいさに惑わされますが、この漫画はかなりサイコパスな面が強いです

改めて思いました

あ、保科軍にもマトモな人間はいましたね、名を四宮

この方が今回の戦いを止めるキーパーソンになってきそうです

とまあ始まってしまった戦

逃げ若党の面々はできるだけ被害を抑えるために邪魔をするも、軍勢が3倍以上劣る保科側はやばい状況です

戦いでの死が美しいというのは、武士の死生観として正しいのかわかりませんが、犬死に対するプライドはないのでしょうか

最初から死を選ぶなんて負け犬のような考え方

若君は普段、犬の遠吠えスタイルですが、今回はどのように保科を説得するのか

若君の静かな怒りが届くことを願います!

ではまた

北条時行と諏訪頼重の史実を知ればさらに漫画が楽しくなるので、こちらも合わせてご覧ください▼

スポンサーリンク

まとめ:漫画「逃げ上手の若君」第27話の感想・考察レビュー【ネタバレあり】

以上、「逃げ上手の若君」27話の感想でした

軍勢の差をどう埋めるのかと気になって読んでいましたが、最後の感じからして若君+四宮の「説得」がカギとなりそうです

前話で「個の逃げから軍の逃げへ」というのが示されたので、そこまでの流れが気になりますね!

次話はこちら

逃げ若おじさんによる「逃げ上手の若君」第28話の感想・考察【ネタバレ注意】

逃げ若の見どころ3選、逃げ上手の若君を更に楽しみたい方はぜひご覧ください▼

おすすめ電子書籍
U-NEXT

✔映画・アニメ・マンガが楽しめる!
初回登録31日間は無料で解約も簡単
✔業界No.1の見放題動画作品数
✔漫画は最大40%還元!

動画と漫画どっちも楽しみたい方におすすめ

ebookJapan

✔登録無料の電子書籍/コミックの品揃え世界最大級ストア
無料で読める漫画9000冊の「読み放題コーナー」や業界最大のセールも
✔初回ログインの方限定で、6冊まで50%OFFに!
✔漫画を「背表紙表示」で管理できるのはここだけ

「逃げ上手の若君」全話感想・考察
スポンサーリンク
のぐちーのをフォロー
マガ人

コメント

タイトルとURLをコピーしました