当ブログのオススメ記事はこちら!

【ネタバレ注意】空気が読めないつぐみがあまりにもかわいい「虎鶫」(とらつぐみ)3巻【感想・考察】

巻ごとの感想レビュー

今回は、漫画「虎鶫 とらつぐみ -TSUGUMI PROJECT-」3巻の見どころや感想・考察をネタバレありで書きます

  • 3巻をすでに読んでいる
  • 3巻のストーリーをさっと知りたい
  • 「虎鶫」をさらに楽しみたい

方向けの内容になっているので、ぜひ最後まで見ていってください!

2巻のおさらいはこちら↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク

つぐみの恋心、そして知能が高い異質が登場!「虎鶫」(とらつぐみ)3巻のざっくりした内容【ネタバレ】

9話から12話が収録されていた3巻の流れとしては、

  1. レオーネたちはつぐみと別れ、佐渡への準備をする
  2. つぐみはトビザルがトラウマということが判明
  3. レオーネが襲われていたところをさたけ(ボス猿)が助ける
  4. つぐみはさたけがレオーネを襲うと勘違い、助けに向かう
  5. とら・つぐみ・レオーネ・ドゥドゥが合流
  6. 背が高く、人語の喋れる謎の生物と遭遇する
  7. 狩りのためのボウガンを謎の生物からゲット

つぐみのレオーネに対する恋心が本格化してきました!

「虎鶫」(とらつぐみ)3巻の見どころ・感想・考察【ネタバレ】

空気が読めないつぐみちゃん

出典:虎鶫 12話

いや〜、ほんとにつぐみが戻ってきてくれて安心しました

3巻では、「さたけ」という恋敵がいるおかげで、レオーネのことがますます好きになっていることがわかりますね

餓死しないために狩りをしている大事な場面で「好きか?」「なかよしか?

さたけの悪口を少ない語彙で言いまくる

めちゃくちゃかわいいです!!!

もともとつぐみメインで読んでるところはありますが、筆者は3巻になってプルスウルトラでつぐみちゃんが好きになりました!

つぐみちゃんの喜怒哀楽劇場はこの漫画の魅力そのもの

レオーネは「力でとらを服従させている」とつぐみの恐ろしさをまだ警戒していますが、

この強さからのギャップも含めて彼女の魅力が止まりませんね!

かなり知能が高い異質が初登場

出典:虎鶫 12話

おおっ、デカッ

矢の長さから考えるに、2mは確実にありそうです

物々交換による交渉を迫ってきたことから、かなり知能が高い異質ですね

加えて、矢を気配でわしづかむ部分から戦闘能力の高さも伺えます

こういうのが1番怖い!と思った方も多いハズ

ボウガンと時計を交換して去っていきましたが、再登場は絶対と言っていいでしょう

「ニンゲン」ですね。はじめて生で見ました

と言っていることから、人間ではないのは確実

顔はまだ判明せずでしたが、放射能か実験から産まれた異形であることは間違いなさそうです

「進撃の巨人」で知能がある巨人が確認されたときのような、敵か味方かわからない恐怖がありますね

まじ怖いっす

スポンサーリンク

「虎鶫」ムダ考察

3巻でわかったことを整理します

  • 旧日本に住む異形は治癒能力が高い
  • つぐみはトビザルにトラウマあり
  • ボス猿・さたけは日本語を話せる味方
  • 知能の高い異形がいた
  • つぐみはレオーネにゾッコン

治癒能力は原因があるのか気になります

実験でそういったゾンビのような生物を作り出そうとしたからなのかも知れません

つぐみがトビザルに襲われた時の走馬灯、ナルガクルガのようなモンスターにつぐみが襲われている様子が映されていました

母親に抱かれるつぐみ、それと隣にいる犬のような生物はとらでしょうか

めちゃくちゃ小さかったのですね

つぐみととらの関係性はまだわからないところが多いです

デカすぎてトビザルには見えないですが、飛行生物恐怖症なのでしょう

あのモンスターを見ると、まだまだこの世界にはデカくて強いやつがいそうです!

ワクワクしますね〜

3巻のマイベストシーン

出典:虎鶫 11話

寝ているふりをしていてちょっとヤバくなったから起きてとらを止めるシーンですね

無表情に淡々と作業をするところがシュールでかわいい!

とらに怒っていたことから、もっと長くレオーネの腕で寝たかったのでしょう

ムチャクチャかわいいやないですか!

正直、退廃したビルでお化粧をするシーンと迷いましたね〜

皆さんはどこがベストシーンでしたか?

「虎鶫」全体の魅力レビューもしています↓

スポンサーリンク

まとめ:「虎鶫」(とらつぐみ)3巻【感想・考察】(ネタバレ)

以上、「虎鶫」3巻の感想でした

「メイドインアビス」つくしあきひと先生が帯でこの漫画を絶賛したのも面白かったです

ケモナー量産マンガ同士、シンパシーですね笑

空中から二刀流のケモノが襲ってくるところで終わったので、やっぱり次巻が気になる

楽しみですね!

「メイドインアビス」の紹介記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました