当ブログのオススメ記事はこちら!

逃げ若大好き男による「逃げ上手の若君」第96話の感想・考察【ネタバレ注意】

「逃げ上手の若君」全話感想・考察

この記事は、逃げ上手が大好きな筆者によるジャンプ漫画「逃げ上手の若君」第96話の感想と考察です

※ネタバレは注意!

1話から毎週リアルタイムで書き続けています↓

前回(第95話)のレビューはこちら

それでは、今週もいってみましょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク

英傑・護良親王が死亡「逃げ上手の若君」第96話の感想・考察【ネタバレ注意】

第96話は、足利直義軍の敗北がほぼ確定し、足利の政敵である護良親王が殺害された話でした

初登場にもかからわず死んでしまった護良親王

「逃げ若」では全く顔が出てきていない後醍醐天皇の息子です

軍記物語の「太平記」によると、淵辺義博の刀を、歯で咥えて噛み折ったと言われています

逆ロロノア・ゾロかっ!

ゾゾゾッとする恐ろしさですね

刃先を咥えたままの護良親王の首は、鬼のような形相だったらしいです

だから、「汝の中に巣食う鬼は・・・」と言っていたんですね

しかも、このとき28!

若すぎやしませんか?

いいや、この血なまぐさい動乱期では普通だったのかも知れません

今がいかにいい時代かがわかりますね

ただ、「尊氏を食い殺したときに、顔を思い出す」という伏線も張ってくれているので、ここは覚えておこうと思います

後醍醐天皇×若君の関係も描かれてしまうのでしょうか?

気になりますね!

ゲンバからは以上です

北条時行と諏訪頼重の史実を知ればさらに漫画が楽しくなるので、こちらも合わせてご覧ください▼

スポンサーリンク

まとめ:漫画「逃げ上手の若君」第96話の感想・考察レビュー【ネタバレあり】

以上、「逃げ上手の若君」96話の感想でした

淵辺義博も、護良親王も、サクッと出てきてサクッと死んでしまいました

史実にしっかり基づきつつ、ザラザラ読んでいくのが面白い漫画ですね!

ではまた

次話はこちら

逃げ若の見どころ3選、逃げ上手の若君を更に楽しみたい方はぜひご覧ください▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました