悪魔的世界観!漫画「チェンソーマン」の魅力とは何か?【見どころ】

今回は、ジャンプで連載中の「チェインソーマン」について解説していきます!

作者は代表作に「ファイアパンチ」がある藤本タツキさんで、あの「地獄楽」作者の加来ゆうじさんも影響を受けています!

傑作「ファイアパンチ」についてはこちらで書いているのでぜひ読んでみてください!

連載してからだいぶ経った今だからこそ、今後まだまだ面白くなる「チェンソーマン」の魅力について3つに絞って解説していきたいと思います

それでは、あらすじから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジャンプ漫画「チェンソーマン」あらすじ

悪魔が蔓延る世界で借金まみれの少年デンジ。

相棒であるチェーンソーの悪魔のポチタとともにデビルハンターとしてその日暮らしをしていた

ある日、デンジは借金取りのヤクザに騙され「ゾンビの悪魔」に殺されてしまう。

そこでポチタはデンジの血を飲み、心臓としてデンジを生き返らせる。

ポチタと一体になったデンジは「チェンソーの悪魔」に変身する能力で悪魔を撃退するのだった

その後、その現場にかけつけた公安のデビルハンターである美しい女性マキマに保護され、公安デビルハンターとして働くことになるが、、、

世界観がヤバすぎる!?「チェンソーマン」が面白い3つの理由

「チェンソーマン」が面白い理由を「異常な世界観」「デンジ&パワーの魅力」「イラストの破壊力」に分けて考えてみました!

無秩序でグロテスクな世界観や展開

チェンソーマンさん、少年誌なのに完全にアウトな主人公を描いてしまう ...

出典:チェンソーマン 19話より

ジャンプ漫画らしくないおびただしい量の血。このイカれた感じの世界観が見ている人を圧倒します!

とにかく人が死にまくる!

謎が多く、もうなにが起こってるのかわかりませんが、しっかり伏線も張り巡らされているのがスゴイ所!

マキマの正体などを中心に、作者は伏線の悪魔なんじゃないかなと思うぐらい

乙な散りばめ方をしています

加えて、デビルハンターは代償を払って悪魔と契約することで能力を得ています。

悪魔を倒すために悪魔と契約するというジレンマもあり、混沌とした世界観です

悪魔という存在はいろんな漫画で取り上げられたと思いますが、この漫画の悪魔は本当にただ気持ち悪い

狐の悪魔、未来の悪魔、筋肉の悪魔などいろんな悪魔が出てきます

主人公デンジもかっこいいという見た目ではなく、THE・ダークヒーローって感じがします

展開の読めなさも異常なので、ぶっ飛んだ世界観を楽しみたい方におすすめです

パワーとデンジが魅力的

デンジ

f:id:nitijojo:20200615104347j:plain

出典:チェンソーマン 20話より

まずは、主人公であるデンジ!

見ての通り、アホで欲望に忠実なんです

それもそのはず、幼少期から恵まれない人生で、おいしいご飯や女性について全然知らなかったので、その反動です

f:id:nitijojo:20200615105107p:plain

出典:チェンソーマン 40話より

このセリフが一番しっくりきました

デンジってアホなんだけど、どっか私達も同じような部分を持っている

本能の部分が少し大きいだけの男の子だなと思います

だから憎めないし、ぶっとんだことしてるのに、親近感もめちゃくちゃ湧く

人間としての魅力はジャンプキャラクターの中でもずば抜けていると感じています!

あ、人間じゃなくて悪魔でしたね、、、

パワー

出典:チェンソーマン 4話より

パワーは魔人かつデビルハンターの一人でデンジのバディとして登場します。見ての通りテンション高めのヒロイン?です

人気投票ランキングでも1位に選ばれており、筆者も含めた読者から絶大な支持を得ていることがわかります

とにかく、パワーもデンジと同じぶれないアホで本能そのままです

f:id:nitijojo:20200615111352p:plain

出典:チェンソーマン 57話より

このシーンは同僚の車を運転して人をひいてしまったときの一言

なんのためらいもなく嘘を付きます

普段は堂々としているパワーですが、強いやつには従順な面もあってそこも人気な理由かなと思います。

マキマと話してるときのパワーなんかもう萎縮しまくり笑

見てる分にはかわいいと思えるヒロインですが、やってることは結構やばい!

素直でイカれた「パワー」には今後も目が離せないです!

絵のインパクトが強い

本当に「チェンソーマン」は人の喋り方から戦闘の描写まで表現の仕方に惹きつけられます

チェンソーマン内には、衝撃的な演出がたくさんあります!と言うと

「え〜ただのグロシーンでしょ」

と言われるかもしれないですが、違うんです!

確かに、血がたくさん出てインパクトがある描写もありますが、芸術的な描き方もしています

例えば、

f:id:nitijojo:20200615114117p:plain

出典:チェンソーマン 64話より

えぇ、ナニコレ、、、

こんなシーンがいきなりきます!

発想がヤバすぎます

どんな流れかは覚えてなくても、頭にずっと焼き付けられるインパクト!

比喩表現というか、1ページ丸々使っての芸術的な演出にも注目です!

世界観爆発ジャンプ漫画「チェンソーマン」の魅力まとめ

以上、藤本タツキ作の「チェンソーマン」でした!

「グロテスクな悪魔的世界観」「デンジ&パワーの魅力」「描写の破壊力」

この3つに焦点を絞って魅力を解説させていただきました

主人公にも謎があるなど、伏線もまだまだ回収されていないものばかりで、読解が難しい表現も盛り込まれている漫画でもあります

アホな主人公とぶっ飛んだ展開はファイアパンチと結構似てるなあって印象でした

グロい表現が多いのでそこは注意ですが、スーパーおすすめです!

ダークファンタジーといえばこちらもおすすめ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました