日本史の闇に踏み込む漫画「満州アヘンスクワッド」がヤバくて面白い!

今回は、8月11日に1巻が発売した歴史系クライムサスペンス

「満州アヘンスクワッド」のレビューや読んだ感想【軽くネタバレあり】です!

・リアルな裏社会の漫画が好きな方
・歴史好きな方
におすすめの日本史の闇に踏み込んだような問題作となってるので

是非、買う際の参考や面白い漫画を知りたい方は見ていってください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

歴史クライム・サスペンス漫画「満州アヘンスクワッド」あらすじ

時は昭和12年。関東軍の兵士として満州にやってきた日方勇は、戦地で右目の視力を失ってしまう。「使えない兵隊」として軍の食糧を作る農業義勇軍に回され、上官に虐げられる日々を送るも、ある日農場の片隅で麻薬“阿片(アヘン)”の原料であるケシが栽培されていることに気づく。病気の母を救うため阿片の製造に手を染める勇だったが、その決断が自身の、そして満州の運命を狂わせていく…。

出典:「満州アヘンスクワッド」あらすじ

長いので、簡単にこの漫画を表すと

満州国を舞台に、植物に詳しい青年が美女と極上のアヘンを密売して裏の王になる話

です。もうこの時点でヤバい、、、

ちなみに、史実には基づいてますが、主人公の明確なモデルや元ネタはなさそうです

歴史サスペンス漫画「満州アヘンスクワッド」がヤバ面白い理由【見どころ】

アヘンや満州についての歴史的な闇

満州アヘンスクワッド

出典:満州アヘンスクワッド 3話

「満州アヘンスクワッド」では

義務教育では習わなかった日本軍やアヘンについての歴史の闇が語られるシーンがあります

日本の関東軍や満州を裏で仕切るマフィアの存在など、

かなりディープに描かれていました

同じ日本人の関東軍が全然いい人に見えない、、、

拷問シーンやアヘン中毒者の表情はリアルで残酷さやグロさもあるので

そういうのが苦手な人にはトラウマになるかも!

「満鉄」や「満映」など、実際の会社なども出てきて

作者の歴史的な知識の広さを感じました!!

地獄絵図みたいな画像がこの後表示されます!見たくない人は飛ばして

ハラハラで展開の読めないストーリー

満州アヘンスクワッド

出典:満州アヘンスクワッド 2話より

主人公は何の権力も金もない農村の青年にもかかわらず、家族のためにアヘン製造という罪を犯しているので

常にスリリングでハラハラな展開です!

加えて、関東軍やマフィアなど敵も多い!

また、スクワッドの文字通り、特殊な能力を持った仲間集めも面白いポイントですね〜

クライム・サスペンスならではのドキドキ感に歴史の知識が乗った新感覚の漫画

となっていました!

個人的には

 歴史:物語的な面白さ = 3:7
くらいだと思いました。シンプルに面白い

「満州アヘンスクワッド」の1巻感想 ※ネタバレあり

1話目からフルスロットル!最初の2ページは衝撃的でした、、、

裏の皇帝になってたってことは、サクセスストーリーにもなるのかな?

中毒者の表情を含めて、絵の表現力によるエグいシーンの切迫感とリアル感がすごかった!

あと、関東軍のアイツによる拷問シーン多すぎないですか!?

日本の負の歴史を表してるんだろうけど、どーなのよ。

物語的に面白い部分もありつつ、リアルな歴史も交えてるのでバランスはGOODでした!

言うまでもないですが、麗華リーファはキレイだった。アジアンビューティーって感じ

麗華が1ページ目の妃なのか、そこもまだわからないのでそこも気になります!

筆者はあまり歴史系の漫画を見ないのですが、歴史欲が刺激されるいい漫画でした!

1巻はまだ勇がアヘン製造を決心した所までなので2巻以降に注目です〜

「満州アヘンスクワッド」の面白い理由・感想まとめ

以上、「満州アヘンスクワッド」の漫画全体のレビューと1巻の感想でした

なぜかこういう麻薬とかヤバい漫画って読んじゃう中毒性みたいなものがあります笑

満州事変から80年が経とうとしている今、読むと面白いのではないでしょうか!

それではまた

おすすめ漫画レビューしてるので色々読んでいってください〜

ちょっとグロくて残酷なおすすめ漫画はこちら!

タイトルとURLをコピーしました