当ブログのオススメ記事はこちら!

主人公ハーレム展開待ったなし!?満洲アヘンスクワッド2巻【感想ネタバレ】

SF・サスペンス
のぐちーの
のぐちーの

「満洲アヘンスクワッド」2巻はあれよあれよという間に仲間づくりが進んでいった巻となりました

展開的には、

  1. 瞬間記憶少女リンが仲間になる
  2. 勇の兄弟が殺し屋に狙われる
  3. モンゴル民族のチャラ男が仲間になる
  4. アヘン輸送
  5. 満洲映画協会の人気女優が逃げる

こんな感じでしたね

全体のレビューはこちらから

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「満洲アヘンスクワッド」2巻の感想【ネタバレ】

いや〜、やっぱり1巻同様ハラハラ展開が多かったです。心臓に悪い笑

特に面白かったのはモンゴル民族の部分ですね

やっぱり「最強の戦闘民族」ってところがサイヤ人を彷彿とさせてかっこいい!

やっと陽気な仲間が入ってきて、しんみりとした雰囲気から開放されそうです

びっくりしたのは、このシーン

出典:満州アヘンスクワッド 11話

怖スンギです・・・

ちょくちょく満洲アヘンスクワッド怖いんですよね、純粋に

こういうシーンがいきなり差し込まれるから油断も隙もない漫画ですね!

また、とうとう異能キャラクターが仲間入りしました!

瞬間記憶で頭も回るリンという少女ですね

こいつも勇のことを好きになっちゃって、最後に出てきた映画の女優ともいい雰囲気で、リーファもいて、まさにハーレム状態です

リーファが16話で

洋子さんに変なことしたら許さないわよ勇、絶対よ

と言っていたのが気になりますね

リーファも「盗られるっ、ヤバ」って思ってるからこその発言ですかね笑

それはそうと、「仕立て屋」の人の噛ませ犬感はやばかったです

筆者はこんな記事も書いてるほど「噛ませ犬」キャラに敏感なのですが、彼はちょっと登場のインパクトが強すぎました笑

さて、今回の2巻はアヘンの「うっひょひょ〜い!!」っていう快楽シーンがなかったのは残念でした

次巻に期待ですね!

今回はないと思いましたが、また、関東軍の拷問

もはや彼らに対して悪いイメージしかなくなっていっています

もうお腹いっぱい感もあります、、、うっぷ

【まとめ】「満洲アヘンスクワッド」2巻の感想ネタバレ

以上、満洲アヘンスクワッド2巻の感想でした

あの女優さんも仲間になるのか、まだまだアヘン大量密売のゴールには遠そうです

この流れだと、10巻いかないくらいで終わるのかな〜どうでしょう

それではまた

おすすめ電子書籍サービス
U-NEXT

✔映画・アニメ・マンガが楽しめる!
初回登録31日間は無料で解約も簡単
✔業界No.1の見放題動画作品数
✔漫画は最大40%還元!

動画と漫画どっちも楽しみたい方におすすめ

ebookJapan

✔登録無料の国内最大級電子書籍ストア
無料で読める漫画9000冊の「読み放題コーナー」や業界最大のセールも!

漫画だけを読む方におすすめ

SF・サスペンス
スポンサーリンク
のぐちーのをフォロー
マガ人

コメント

タイトルとURLをコピーしました