経済漫画「インベスターZ」1巻重要ポイント要約・感想【ネタバレ】

インベスターZ全巻要約
画像出典:インベスターZ 1巻表紙より
漫画「インベスターZ」(全21巻)のストーリー部分を抜いたお金や投資、ビジネスに関する知識の要約を巻ごとにしていきます!

ストーリーは漫画を面白くさせていますが、お金の知識を学びたい、投資についてだけ知りたい人にはちょっと邪魔なのも事実!

そこで、知識的な重要ポイントを絞って要約しました

これを読めば、

巻のほぼ全ての情報をインプット出来るという、網羅的なものになっています
ちなみに、「インベスターZ」は投資・保険・企業・経済の歴史などお金のあれこれを、
諸事情あって投資を始めた中学1年生の主人公と共に学べる漫画です!

作者はドラゴン桜で有名な三田紀房さん

全巻総合的なレビューもしているので、こちらも良ければお読みください!

お金の勉強や投資したいけど、何からしていいかわからない

方は「とりあえずコレを読め!」という漫画ですが、

「それもちょっとハードル高い、、、」や「シンプルに忙しい」方は

まず本記事の要約を見てから買ってみてください! 買う際の参考にもして

「会社四季報」はインベスターZを「投資ビギナーにも、一定の経験を積んだ投資家にも勝つための気づきを与えてくれる」と評しているので、既に投資をしている人にもおすすめです!
筆者も株をやっていますが、全巻通して知らないことが多かったです
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最強経済漫画「インベスターZ」1巻の重要ポイント要約【ネタバレ】

インパクトある言葉が多いのインベスターZの特徴なので、

名言とともに重要な所を抑えていきます!

1巻は主に「初めての株」「お金の歴史」についてです

投資に勉強なんて必要ない

いきなり元も子もない話ですが、投資を始めようかと悩んでる人に向けての言葉

「市場は今どうなんだ」など深く考えず、まずはやってみることでしか始まらない

四の五の言わず、投資は習うより慣れろ」ってこと、最初は

安く買って高く売るマネーゲーム

投資にルールはほぼなく、安く買って高く売るだけ

投資はギャンブルであり「マネーゲーム」

株の入り口は好きなモノから

とりあえず投資と言われても、どう選べばいいかわからないなら

まずは好きなモノの会社の株を買う。

好きなら事なら自然と調べるし、詳しいから

「あそこの最近のゲーム面白い!みんなの間で流行っている」などでも良い

ちなみに、主人公は好きなゲームの会社を選んだ

リスクの分散

リスクの低いもの、高いものをバランス良く分散して投資する

1つの銘柄には通常、「元金の5%」、多くても10%が基本

お金の誕生

農耕民族の誕生は約10000年前で、お金が流通し始めたのは4500年前

物々交換では、欲しい物を持ってる人を見つけるのが困難で保存もきかなかった

モノの代わりになる「価値」を決めて、それを交換の道具にしようとした

→最初は麦・貝・牛など様々な「単位」が生まれる。これが人類初のお金

お金が人を人にした【お金はコミュニケーション】

お金が生まれるまでは人は食べるためだけに生きてきたが、誕生後は食料がほしいときに手に入り、生活にゆとりが出る

→考える時間を獲得し、人だけが高度な知能や能力を持つようになる

人はお金で人になった、存在意義を明確にした

お金が生まれたことで見ず知らずの人とも会ったその場で信用できるようになった

→お金で人は人を信じるようになった!

→人同士が接する機会が増え、会話が活発に

→コミュニケーションをとるようになり、文明が発達し、豊かな社会へ

お金は人と人をつなぐコミュニケーション!

コインの誕生

麦や牛を持っていくのはめんどくさいし、交換レートを定めるのも難しかった

そこで、紀元前600年前、コインがギリシャで流通し始める

このギリシャのコインが国際的に流通したのは、コインにフクロウの「刻印」を押して

このコインは純銀で4グラムの重さがある」ことを「保証」したから

→経済は拡大し、人口も爆発的に増加

→硬貨の流通量も急増

しかし!コインの流通量に対して生産が追いつかずオワコンに、、、

存在しない価値を信用する社会へ

その後ローマが栄え、銀貨の純度が98%→2%へと下がり、刻印のみが残る

存在しない価値を信用する時代、架空の富を築くようになる!!

大航海時代

航海技術の向上により、貿易が拡大する

→スペインのペソが史上初の世界通貨として流通

→世界経済は膨張したが、供給追いつかなくなり、錬金術を試すが失敗

紙幣の誕生

インベスターZのお札が誕生するシーン

出典:インベスターZ 6話より

刻印しか信用しないので、コインである必要がなかった

→紙幣が誕生する

元々、金と交換するための保証書は発行されていたので紙幣に抵抗はなく

案外すんなり人々はお札に価値を見出す

⇒大航海時代と合わさって経済が爆発的に膨張!

金融ビッグバン〜銀行は現代の錬金術〜

金融は、航海でリスクを避けるために資本を出し合ってリターンを分配した所から始まる

オランダ東インド会社が世界初の株式会社を設立!

みんな貿易で一発当てる投資をするために「銀行」で借用書と引き換えにお金を借りる

銀行」は借用書を担保にお金を発行する

→元金から何倍もの金を生み出して、更に貸しまくってビッグバン的に膨張!

総貨幣量は 2000年 190兆ドル → 2006年 570兆ドルへ

金が金を生む魔法 ←魔法が解かれたら破綻 (日本もヤバい

経済漫画「インベスターZ」1巻の感想

インベスターZをきっかけに投資を始めた筆者の感想も書いておきます

お金の歴史が知らないこと多すぎて面白かった!!

の一言に尽きます

「お金が人を人にした」とか名言すぎないですか? 常識なんですかね、どうなんだ

やっぱりお金についてのとっつきにくい話をイメージ化してくれるのが一番よかった

漫画ならではですが、絵が皮肉を大げさに誇張していて絵的に楽しめました

普通の漫画よりは読むのに時間かかりますが、文字量も最低限に抑えられていてGOOD

でも!! 絵が、うまくないですね。全く命が吹き込まれてない

インベスターZの圧倒的欠点です、、、笑

「インベスターZ」1巻ネタバレ要約と感想まとめ

以上、「インベスターZ」1巻の徹底要約と感想でした

ちょっと文字量多くなりましたが、削ぎ落としつつも網羅したので、

情報や知識としては1巻を読んだと思ってもらって全然OKです!

インベスターzは「お金って汚い」から「お金って面白い」へイメージを変えてくれる漫画なので、筆者は家族にも勧めてしまいました笑

良漫画なので、手にとってみてください。それでは

タイトルとURLをコピーしました