当ブログのオススメ記事はこちら!

漫画「逃げ上手の若君」第16話の感想・考察【ネタバレ注意】

「逃げ上手の若君」全話感想・考察

この記事は、松井優征先生作「逃げ上手の若君」第16話の個人的感想と考察レビューです

※ネタバレは注意!

前回(第15話)のレビューはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

血筋血筋ウヘヘヘ「逃げ上手の若君」第16話の感想・考察レビュー【ネタバレあり】

出典:逃げ上手の若君 16話

第16話は、小笠原の不穏な空気に対して、エキスパート子ども軍団・逃若党が偵察に行くのをひたすら頼重が心配する内容でした

今回は、未来が見えなくなった頼重がひたすら「血筋が〜〜」と連呼する話でしたね笑

小笠原勢力がだんだんと強まっていて、驚異となっています

てか、小笠原氏、準レギュラーやないですか!

毎話のように出てきます、小笠原貞宗さん

登場当初はもう、かませ犬の一人かなという雰囲気だったのですが、もはやレギュラーに近い出演率を誇っております

こないだ綸旨を燃やした失態を犯したはずなのに、ちゃっかり武士としての地位と漫画内の主要キャラ感が増してますね笑

出典:逃げ上手の若君 16話

↑いや、有能感だすな!

も〜、人気もうなぎのぼりですね♪

小笠原いじりはこの辺にして、16話の終わりではまたもや戦闘へと入っていきました

常に戦ってますね、ギャグ回では終わらせませんよという作者の意図がバチバチに伝わってきます

拠点である諏訪の地の中でも敵がいるというのはほんと、勢力図の均衡がヤバい

前回が新展開突入!という終わり方だったので、次回からは諏訪領の村との小競り合い編と考えられますね!

ゲンバからは以上です。

北条時行と諏訪頼重の史実を知ればさらに漫画が楽しくなるので、こちらも合わせてご覧ください▼

まとめ:漫画「逃げ上手の若君」第16話の感想・考察レビュー【ネタバレあり】

以上、「逃げ上手の若君」16話の感想でした

ほとんど小笠原さんをいじって終わってしまいましたが、

ギャグ回ということでそこまでストーリー的な進展はありませんでしたね

次回はこちら

漫画「逃げ上手の若君」第17話の感想・考察【ネタバレ注意】

同じく松井優征先生が描いたジャンプ漫画「魔人探偵脳噛ネウロ」について書きました▽

おすすめ電子書籍サービス
U-NEXT

✔映画・アニメ・マンガが楽しめる!
初回登録31日間は無料で解約も簡単
✔業界No.1の見放題動画作品数
✔漫画は最大40%還元!

動画と漫画どっちも楽しみたい方におすすめ

ebookJapan

✔登録無料の国内最大級電子書籍ストア
無料で読める漫画9000冊の「読み放題コーナー」や業界最大のセールも!

漫画だけを読む方におすすめ

「逃げ上手の若君」全話感想・考察
スポンサーリンク
のぐちーのをフォロー
マガ人

コメント

タイトルとURLをコピーしました