【藤本タツキ先生公式】「チェンソーマン」キャラクター名前の由来まとめ

藤本タツキ先生

ジャンプフェスタ2021 ONLINEのジャンプスタジオというところで、

藤本タツキ先生からチェンソーマンのいくつかのキャラクターについて名前の由来が発表されたので、わかりやすくまとめていきます!

漫画が読み放題のU-NEXT31日間無料キャンペーンはこちらから

※1分ほどで登録できて解約も簡単です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

藤本タツキ先生発表「チェンソーマン」キャラクターの名前の由来まとめ

デンジ→天使=テンシに濁点をつけていじった

物語で大きく描かれた悪魔と対立する天使を用いた

アキ→最初から銃の悪魔になる想定だったので、AK銃という銃の名前からAK(アキ)

また、マキマのことが好きだったのにも関わらず、操られていて感情に中身がない空っぽなものだったので、「空き」(アキ)

マキマ→チェンソーは木を切るものなので、ママのを切る(抜く)とママになる

デンジがマキマへ抱いていた感情は愛ではなく、母性を求めるものだったから

↑藤本タツキ先生「最終話で書こうか迷いましたがクサいのでやめました」

パワー→天使の階級から

下から四番目の階級の名前

まとめ:藤本タツキ先生公式発表「チェンソーマン」キャラクターの名前の由来

作中ではあまり描かれなかったのものの、名前の由来には天使がかなり関係していました

悪魔VS天使という構図が実はあったというところに驚きですね

藤本タツキ先生やチェンソーマンが好きな方はこちらの記事もどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました