当ブログのオススメ記事はこちら!

これが普通!?意味不明で面白い「藤本タツキ短編集 22-26」感想

ファンタジー・SF

「17-21」に続いて発売された「藤本タツキ短編集 22-26」

前回の総評は「粗い!でも面白い!」だったのですが、今回は「イミフ」としました

スポンサーリンク
スポンサーリンク

意味不明、でも面白い!「藤本タツキ短編集 22-26」の感想

全体の感想→それぞれの短編の感想を語ります

まだまだ上流の石「藤本タツキ短編集 22-26」全体感想

普通、年齢とともに守りに入ったありきたり作品になりそうですが、さすがはタツキ フジモト

全く保守的になってませんでした

まだまだ上流の石のように、丸くなっていません

「人魚ラプソディ」「目が覚めたら女の子になっていた病」「予言のナユタ」「妹の姉」の4話が収録された「22~26」

全体を通して、

  • メッセージ性が強くなっていた
  • 絵がうまくなっていた
  • 尖ったあとがきが更にオモシロい

気がします

タツキ短編で最高傑作とされる「予言のナユタ」が収録されたこともインパクトありましたね

ワードセンスはあるけどデリカシーのない本音をズバッと言う人間じゃない感

でも、そこに人間味を感じさせる細かさやパワーもありました

あと、ほんと奔放な女の子を描くのがウマいですよね

「22~26」含め、タツキ先生の作品にはヤバい女子がたくさん出てくる笑

全体的な感想はこんな感じにして、個々の作品の感想に移ります

人魚ラプソディ

文字通りに「食われてもいいと思うくらい好き」ステキでした!

空気の口移しという発想、異種族の恋愛も描いていてメッセージ性もある作品ですね

ただ、最後のコマ「彼女達も」とハーレムを主人公自ら明言するという地獄のひねりオチ

「今見ても普通の話」では、ないです。。。

目が覚めたら女の子になっていた病

出典:藤本タツキ短編集 22-26 目が覚めたら女の子になっていた病

藤本タツキ+恋愛 = カオス

タツキ先生、ほんと恋愛を描いちゃいけない方です笑

共感性ゼロの心情描写で、ムチャクチャに話を展開しまくっていますね!

問答無用な暴力に笑いました笑

あと、コマ割りがクソデカイ、、、

予言のナユタ

出典:藤本タツキ短編集 22-26 予言のナユタ

  • 壮大なSFアーティスティック
  • 意味不明な看板

「チェンソーマン」に脈々と受け継がれているタツキ先生の恐ろしさです

絵も分かりやすい「ソード」で、現代アートのよう

熟練の魔法使いでも小さい剣しか作れなかったことで、さらにナユタの不可解感・スゴさが際立っていましたね

爆発的な設定とインパクトのある絵で引きつけつつ、「分からない者への無償の愛」というメッセージもあってクオリティが高い!

ナユタも意味不明にカワイイですし、先生の愛着も最後のコメントで見えました

マキマさんの生まれ変わりになるのも納得、「チェンソーマン」との繋がりもあってイイですね!

出典:藤本タツキ短編集 22-26 予言のナユタ

↑個人的にはこのシーンが好きです

「キャベツすら高い」過酷な状況、タツキ先生自身の青年期を反映していてリアリティがありました

「ずっとお腹を空かせていた」とインタビューで語っていますね

天才漫画家・藤本タツキ先生の面白い逸話・エピソード厳選まとめ

妹の姉

出典:藤本タツキ短編集 22-26 妹の姉

ルックバック!!

背中を見て、実力が逆転した女性2人が絵を描く

ルックバックですね〜

タツキ先生の短編集では、ルックバックとこの作品だけがファンタジーのないリアルな世界を描いています

同じ被写体の絵を2年連続玄関前に飾るオチは面白かった笑

全体のコマ割り、構図もステキだと思いました!

まとめ:「藤本タツキ短編集 22-26」感想

以上、「藤本タツキ短編集 22-26」の感想でした

歳を重ねても、パンチが弱くなっていなく、新鮮さもある漫画たちで脳筋に読める作品かなと思います

ただ、意味不明です。

そしてなぜか、面白いです。

当サイトおすすめ電子書籍
U-NEXT

✔映画・アニメ・マンガが楽しめる!
初回登録31日間は無料で解約も簡単
✔業界No.1の見放題動画作品数
✔漫画は最大40%還元

ファンタジー・SF
スポンサーリンク
のぐちーのをフォロー
マガ人

コメント

タイトルとURLをコピーしました