当ブログのオススメ記事はこちら!

藤本タツキ先生の「ルックバック」元ネタ1つもわかんないけど面白かった【考察しない感想】

ヒューマンドラマ

ネット上をざわつきにざわつかせている藤本タツキ先生の140P読み切り漫画「ルックバック」

Twitter上では、オマージュやチェンソーマンとのリンクなど、あらゆる考察が進んでいます

考察しないのが逆に難しいくらい濃密な作品ですが、ここで考察を語ると10番煎じくらいになってしまうので、

初見プレイ(リード)して思ったことを率直に書いていこうと思います!

(ネタバレはあります)

1人でも共感していただければうれしい限りです

スポンサーリンク
スポンサーリンク

藤本タツキ先生の読み切り「ルックバック」元ネタ1つもわかんないけど面白かった【考察ゼロの感想】

元ネタ?オマージュ?知らねぇ

Oasisの楽曲? なにそれ

タイトルがダブルミーニング? 知らねぇ

映画のオマージュ? 知らねぇ

歌詞の始まり?知らねぇ

京アニの事件を追悼の意味で題材にして、公開日を事件から2年後で合わせた? 知らねぇ

「扉」の存在が「ルックバック」でもキーになってる? あ〜〜確かに!

知らなくてもいいじゃないか

まず、面白かったです

そして、開き直ります

元ネタを知らなくてもいいじゃないか、にんげんだもの

Twitter上に流れる考察に対して、筆者は岸辺隊長の気持ちでいました

出典:チェンソーマン 70話

読み切り140Pのボリュームにたじろぐ

京本が「藤野先生のファンです!!」って言うところにおどろく

ifの世界にとまどう

背中を見せながら前を向いて歩く藤野のラストに感動する

それでいいじゃないですか

2回目読んだら、表情がイイなあとか、背中のシーンが思ったより多いなとか

そんなもんじゃあないですか?

まあつまり、純粋に楽しむのもありなのではないでしょうか、と言いたいのです

出典:チェンソーマン 29話

デンジくんを見習いましょう

クァンシも「この世でハッピーに生きるコツは、無知で馬鹿のまま生きる事

と言ってますし、、、

たしかに他の人の考察を見て、「うわ〜〜、そうなんだ」ってなるのは楽しいですが、自分だけの初期衝動が1番大切なのでは、とふと思いました

ちなみに、筆者が一番好きなシーンはココッ

出典:ルックバック

理由は、なんかイイから!

それでは、「ルックバック」を恒例の5・7・5で表したいと思います

読み切りで 見せるタツキの 天才さ

ルックバック 過去とともに 歩みだせ

オマージュが 多すぎ元ネタ わからんよ

よし!

スポンサーリンク

まとめ:藤本タツキ先生の読み切り「ルックバック」を読んだけどバカだから感想は言えない【考察しません】

以上、漫画界の歴史に残るかもしれない読み切り「ルックバック」とネット上の動きを見て思ったことでした

ドヤ顔で引用リツイートしなくてもいいんじゃないの?

と思い、自戒の意味も込めて書きました

まあゴチャゴチャ言いましたが、面白かったです!

藤本タツキ先生は、どの読み切りもめちゃくちゃ面白いです!

この機会に他の読み切りを読んでいない方は、ぜひジャンプ+で読んでみてください

ファイアパンチのところに載っています

この記事を読んだ方におすすめの記事▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました