【1分感想レビュー】ユーグレナ社長・出雲充「僕はミドリムシで世界を救うことに決めた。」

書評レビュー

「インベスターZ」6巻にユーグレナというミドリムシを世界で初めて大量培養して、サプリや、ジェット燃料を作っている会社の社長が出てきました

ということで、実際にミドリムシの創業者であり社長の出雲充さんの本を読んでみました!

それがこちら

とてもおもしろかったので、簡単に感想兼レビューを書いていきます!

ビジネス&投資の神漫画「インベスターZ」についてはこちらをご覧ください

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【1分感想レビュー】「僕はミドリムシで世界を救うことに決めた。」ユーグレナ社長・出雲充

私的キャッチコピーは

レールから外れ、ミドリムシを愛し、ミドリムシに愛された男

簡単に言うと、「出雲充のこれまでとミドリムシの可能性を示した」本です

ミドリムシのすごさ

まず、感じたのは

のぐちーの
のぐちーの

ミドリムシすげえ、、、

ミドリムシのすごさは
  • 植物と動物両方の性質を持っている唯一の微生物で、59種類の栄養素を持っている
  • 火力発電の排気など、植物が吸収できない高濃度なCO2を吸収できる
  • ジェット燃料にもエコで効率良く使える油を出せる
  • 数億年前から地球にいて、CO2を吸収することで動物が住める環境にした

ミドリムシがいなかったら、私達人間いなかったかも!?

理論上は最強の生物なのですが、栄養価が高すぎるがゆえに他の微生物に食べられるので、培養が難しかったんです!

→それを世界で初めて大量培養したのがユーグレナ、だからすごいのです

出雲充の葛藤

出雲充は東大を出て、東京三菱銀行に入社してっていうエリートコースで、起業家に憧れながらもレールから外れられなかったのですが、

そんな人生をミドリムシという未知のビジネスで勝負しました

そこの葛藤もTHE・天才という感じではなく、世間の目を気にしてなかなか起業に踏み込めなかったらしく、共感が持てました

「営業と研究、2人の天才と出会えたから上手くいった」的なことを言っていていましたが、

その出会いを引き寄せる力、がミドリムシの可能性を熱く語る男という魅力が出雲さんにはあったんだと思います

ほんと並大抵じゃないです。人がやってないことを凡人がするのは。

日本国内で営業に行ってない会社は、ない

というほど、最初ミドリムシのサプリメントが売れそうな会社全てに営業をかけたという努力と自負。かっこいいです

ほんとに、「とりあえず数をこなせ」というのが伝わってきました

ライブドア関係者というだけで仕事が全てなくなったり、社員にほとんど給料が払えなかったり、かなり大変な時期があったらしいですが

1つのことをずっとやっている人はかっこいい!面白い!」と感じました

薄っぺらく聞こえてしまいますけど、この本を読んだら分かります

単純にすごい、とかかっこいいってだけじゃなく、そういう人には必然的に人も集まるんですね

まとめ:「僕はミドリムシで世界を救うことに決めた。」【感想・レビュー】

今回はインベスターZだったわけですが、漫画つながりで本を読んでみるというのも面白い!

創業者の過去や思いを知るというのはその会社に投資する上でもすごい重要なことだと思います

「ユーグレナ」に投資することを考えている方も読んでみては。ではまた

タイトルとURLをコピーしました