【1巻完結】新感覚のおすすめホラー漫画「不死身のパイセン」【レビュー】

田口翔太郎さんがマンガワンで連載していた漫画、『不死身のパイセン』は1巻完結のホラー漫画

↑背の高いほうが後輩で、低いほうがパイセンです!

ビジュアルだけでもかなり怖いです、田口さんのホラー漫画はマンガワンで連載中の『裏バイト』もそうですが、他の作品とは一味も二味も違います

「裏バイト:逃亡禁止」についてはこちらで書いています!

※この漫画の実物はなく、電子書籍でしか買えないのでご注意を!(筆者も電子版で購入しました)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【1巻完結】おすすめホラー漫画「不死身のパイセン」のあらすじ

2人の女子高生は、毎回帰り道で謎の怪異に襲われてしまう。しかし、狙われるのはいつも先輩の方で、後輩は先輩をギリギリで毎回助けるのだが、、、

1巻完結のおすすめホラー漫画「不死身のパイセン」のココがおもしろい!

怪異がシンプルに怖い

f:id:nitijojo:20200608113932j:plain

出典:不死身のパイセン 1話より

まずはこれ! 

怪異の特徴をまとめるとこんな感じ

  • 怪異は一個の種類ではなく、毎回全く違うテイストのものが出てくるので飽きない
  • 田口先生の特徴なのだが、絵の線がとにかく細かくてミョーなリアル感がある
  • ビジュアルで勝負している

この3点が怖さを生み出しているかなーって印象です!

ページめくったらドーン系もあって怖さの方向性もいろいろですが、

怪異そのものはビジュアルで勝負してる感じです。

ビビリな先輩と暴力で怪異と立ち向かう後輩

先輩と後輩2人のコントラストも個人的には最高です!

常識人でビビリな先輩と怪異に対して好戦的な後輩。後輩は怪異をボコボコにしようとします。

なんで怪異に立ち向かうかなぁ、後輩よ。

でもそれで先輩が助かってるのは事実、逃げるっていう選択肢はない笑

恐怖はなにを教えてくれるのか、ホラーの新しい切り口

これが個人的には一番面白い理由です! ネタバレになるからあんまり言えないけど、この漫画は

恐怖≠悪いもの

としているんです。恐怖は悪いものではなく、リアルと戦う試練なのだと

恐怖をここまで肯定するってなかなか他のホラー漫画はないなーって感じました

ただ怪異が怖いだけというわけではなく、未知への恐怖を善としています

どこか人間の弱さを象徴するようなテーマ性を

ホラー漫画で表現しているところが新しい

ただ怖いだけじゃないというところも魅力の1つです!

伏線回収力

「不死身のパイセン」は伏線の塊みたいな漫画です

途中から話が急展開するので、1話だけ読んで他の絵が怖いだけの他のホラー漫画と一緒にしないでほしい!

ホラーは「バン」ってだけの出オチ漫画になることが多いが、この漫画はキレが違う

正直、最後のおまけ(重要)まで読まないとまったく全体像がわからない

筆者は何回も読んだけどわからなくて、考察サイト巡回しまくったらやっと理解できました笑。

マイナーだから記事数がすくない!理解したときの謎の達成感なんなのあれ。

(一切ビビらない後輩、これも伏線かも )

【1巻完結】新感覚のおすすめホラー漫画「不死身のパイセン」まとめ

以上、田口翔太郎さんの『不死身のパイセン』のおもしろポイントを解説させていただきました。

いや〜、1巻なのにこんなに頭悩ませるホラー漫画はない。とはいえ、ビジュアルインパクトだけでもかなりあるので、友達におすすめしたくなるタイプの漫画です!

Amazonで「不死身のパイセン」を探す

『裏バイト』も現在激アツなのでそちらもよければそちらも読んで田口ワールドに浸かってください。

ちょびっとホラーのおすすめ作品はコレです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました