当ブログのオススメ記事はこちら!

安西先生!?激太りした伝説の殺し屋バトルコメディ「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」【感想・評価】

バトル・アクション
出典:週刊少年ジャンプ 『SAKAMOTO DAYS』公式HP

週刊少年ジャンプにて連載中の「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」!

全体的な感想や評価をかんたんに書いていきたいと思います

この漫画は

元・伝説の殺し屋である坂本太郎が家族と平穏に暮らすために戦う日々を描いたバトル×コメディ

となっています

それでは、レビューしていきます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

安西先生!?激太りした伝説の殺し屋のバトルコメディ「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」【感想・評価】

出典:SAKAMOTO DAYS 2話

マジでスラムダンクの安西先生にしか見えません…

ちょっと安西先生のほうが太ってるかな笑

家族ができて幸せ太りしたサカモトさんですが、現役の殺し屋だったときはめっちゃクールな見た目なんですよね

これが↓

出典:SAKAMOTO DAYS 1話

こう↓

出典:SAKAMOTO DAYS 1話

衝撃のビフォーアフターです

むしろこの見た目でゴリゴリに動けまくるのはカッコいいし、

ん?安西先生!?(こするな)

冗談はさておき、やっぱり元・伝説の殺し屋という響は心躍ります

ここは「ザ・ファブル」と同じ感じのワクワク感アリです

漫画の系統はまったく違いますが笑

また、18話まで読んだ感じでは、バトル:コメディ=7:3と、

バトルにやや比重が乗っている印象を受けました

戦闘シーンがけっこうド派手で爽快感あるんですよね

出典:SAKAMOTO DAYS 1話

デブフォルムのサカモトさんが信じられない速さで動きまくってるギャップもあって、

バトルシーンはこの漫画最大の注目ポイントです!

サカモトさんは、シャー芯とか、半額セールのシールとか、身の回りにあるものを活かして戦う天才

強すぎて戦闘中に飯食ったりと、ギャグの部分もアリアリで面白くなっています

現実離れしたアクション、という感じでリアリティは皆無ですね

なので、戦闘シーンにリアリティを求める方にはあんまりおすすめできません

個人的にはギャグ漫画としてゆるく楽しく読んでいます!

ムチャクチャかっこいいシーンがたまにあるので、ゆる〜く読んでいると「おおっ」となることはしばしば

見開きの不意打ちパンチを食らっちゃいます笑

そんな感じ♪

まとめ:安西先生似の太めな伝説の殺し屋によるバトルコメディ「SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)」【感想・評価】

以上、ジャンプ漫画「SAKAMOTO DAYS」でした

デブなのに現役バリバリの殺し屋ムーブを決めるサカモトさんがカッコいい作品です

戦闘シーンはかなり迫力あるものですが、コメディ漫画としてゆる〜く読むことをオススメします!

地味だけど好きな作品♪

↑1巻の表紙では銃の弾が薬莢ごと飛んでいることが話題になりましたが、ギャグ漫画なのでそこはご愛嬌です笑

他のジャンプギャグ漫画についてはこちらでランキング化しているので合わせてご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました