当ブログのオススメ記事はこちら!

悪のカリスマが育児する異色の公認漫画「ワンオペジョーカー(JOKER)」【感想・評価レビュー】

ギャグ・日常コメディ
出典:ワンオペJOKER コミックDAYS

今回は、最近話題の「ワンオペJOKER」を読んだので、作品の感想とレビューを書いていきます!

実はこの作品、スーパーマンやバットマンで有名なDCコミックスと講談社による共同プロジェクトの1つなんです

つまり公認作品!

原作は宮川サトシ先生で作画は後藤慶介先生

コミックDAYSの読者数ランキングも1位を取り続けていて、かなり熱い漫画です

楽しくレビューしているので、ぜひ最後まで見ていってください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アメコミ最強の悪役が育児をする公認漫画「ワンオペジョーカー(JOKER)」を読んだ感想・レビュー

出典:ワンオペJOKER 1話

「ワンオペJOKER」の内容・あらすじ

思わぬ事故から赤ちゃんになってしまったバットマン

悪を証明するために正義が必要なジョーカーは、育児を決意する

はたして、アメコミ界最強の悪役は育児ができるのか!?

DCコミックス公認の育児コメディ漫画

「ワンオペJOKER」の感想・レビュー

アメコミではなく、まさかジャパニーズMANGAでジョーカーの公認作品が出るとは…

驚きを隠せませんでした

映画「JOKER」は印象的な作品でしたが、そこでのジョーカー人気が続いているのでしょうか

悪のカリスマ、育児はじめました——

というステキな公式のキャッチフレーズに釣られて読んでみると、まあギャップの凄いこと!

THE・悪者のイメージとは対称的にしっかりと子育てをしているジョーカーの姿が面白い作品でした笑

出典:ワンオペJOKER 2話

悪を証明するためとはいえ、とてもしっかりと子育てしているのがシュール

てか、「悪が正義を育て上げるってどういうこと!?」

できるかどうかもそうだけど、やる気はあるの?

と思ってしまいましたが、やる気は◎でした

ジョーカーも特殊なこの状況を楽しんでいるようにみえます笑

ただ、そこにはジョーカーらしさも存分に放出されていて、オリジナルのブレない部分も盛り込まれています

銀行強盗や人殺しなど、けっこうエグいことをしている設定はそのままでした

悪態をつきまくるところなんかも一緒

「HAHAHAHA」という高笑いのジョーカー感が個人的には好きでしたね笑

公認作品なだけあってクオリティの高さは素晴らしいの一言です

ジャンルはゴリゴリのギャグでした

効果音はアメコミ風なのも新鮮でいい感じ♪

バットマンに対するジョーカーの謎の信頼感たるや、スゴいものがありますね

出典:ワンオペJOKER 5話

↑赤ちゃんバットマンはかわいい…

でも、バットマンに悪いものを見せないようにジョーカーの行動も丸くなっているのが、少し悲しく感じてしまう面もありました

ジョーカーを構成している悪い要素が抜け落ちていて、彼の魅力が薄れてしまうのではという不安ですね

悪役への期待というものが私たちにはある気がします

子育てを通じて起こる「ジョーカーの変化」(更生?)もこの漫画の注目ポイントです

はたして、ジョーカーは悪を保つことができるのか?

子育てと、悪を見失わないこと、2つの意味で大変なジョーカーです

まさに「こんな弱気なジョーカー見たことない」で、ここまで弱ったジョーカーが見れるのはこの漫画だけかもしれません笑

原作をリスペクトしつつも、ギャグ中心で面白いマンガだと思いました

まとめ:漫画「ワンオペジョーカー(JOKER)」を読んだ感想・レビュー

以上、「ワンオペJOKER」を読んでみた感想、所感でした

まじめに子育てをする悪のカリスマ」という部分だけでも面白いのですが、

そこに「公認」「ギャグ漫画」が乗っかってきて、いかにも話題になりそうな作品です

漫画としてのクオリティは高く、DCコミックスファンでなくても楽しめる内容でした!

ではまた

おすすめ電子書籍サービス
U-NEXT

✔映画・アニメ・マンガが楽しめる!
初回登録31日間は無料で解約も簡単
✔業界No.1の見放題動画作品数
✔漫画は最大40%還元!

ギャグ・日常コメディ
スポンサーリンク
のぐちーのをフォロー
マガ人

コメント

タイトルとURLをコピーしました